ログイン
一般財団法人住宅産業研修財団 JAHO Japan Housing Organization
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 大きく
MENU

イベント情報

第200回コミュニケーション・プラザ開催(平成25年9月26日(木))

●第200回 コミュニケーション・プラザ





日時 平成25年9月26日(木) 13:30~17:00
場所 一般財団法人 住宅産業研修財団 会議室
(TEL 03-3504-6601)
東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門実業会館2F
企画 経済産業省アドバイザリーグループ
司会 経済産業省製造産業局住宅産業窯業建材課長 三橋 敏宏

「木を活かす」


日本は国土の67%が森林に覆われた世界有数の森林資源が豊富な国です。日本人は古くから森の恵みを受けて生活してきました。特に木材の特性を活かした日本の住宅様式には、気候風土や季節を熟知し、長い時間をかけて磨かれてきた先人達の知恵が凝縮されています。
しかしながら、近年では、欧米文化の住宅が増加し、日本古来の木を活かした住宅や家具などが減りつつあります。それに伴い、これまで日本の伝統文化を支えてきた木材を利用した家づくりに関わる仕事も減ってしまっている状況です。
今回のコミュニケーション・プラザでは、テーマを「木を活かす」として、木材利用により自然環境と調和した美しい生活文化、建築という分野からの地域・社会貢献、そして、次世代に対して新しいと思わせる木を活かした住宅の魅力について講演頂き、木材利用の新しい可能性について、模索していきます。








1.司会挨拶 13:30~13:35
2.都市近郊における林産業の展開
  大河原 章吉 氏
  協同組合フォレスト西川 理事長
13:35~14:20
3.災害復興と建築の木造化・
          木質化に取り組む地域工務店への期待
  三井所 清典 氏
  株式会社アルセッド建築研究所 代表取締役所長
14:20~15:05
~ コーヒーブレーク ~ 15:05~15:25
4.床材への国産材利用の将来性について
  竹原 章宏 氏
  大建工業株式会社
  住空間事業統轄部内装材事業部副事業部長
15:25~16:10
5.木の力を再発見ー木化推進の試み
  杉本 貴一 氏
  住友林業株式会社
  木化営業部企画チームチームマネージャー
16:10~16:55
6.質疑応答 16:55~17:00

コミュニケーション・プラザ(CP)は、原則会員制となっておりますが、
会員以外の方でも1回 5,000円/名(レジメ・懇親会の費用を含む)で、ご参加いただけます。

(尚、会員以外の聴講は原則一回限りとさせていただきます。)

●開催記録一覧

過去のテーマはこちらをご覧ください。