ログイン
一般財団法人住宅産業研修財団 JAHO Japan Housing Organization
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 大きく
MENU

イベント情報

第234回コミュニケーション・プラザ開催(令和元年5月23日(木))

第234回コミュニケーション・プラザ

日 時:令和元年5月23日(木)13:30~17:00
場 所:東京都千代田区富士見2-7-2 ステージビルディング7F
    一般財団法人ベターリビング会議室
企 画:国土交通省
司 会:国土交通省住宅局市街地建築課長 田中敬

「住み継がれる住宅地へ」

高度成長期を中心に都市圏への人口集中への対応のため整備されてきた郊外住宅地は、自然環境に恵まれるとともにインフラが充実し、後世に残すべき優良な社会的資産です。
一方で、多くの郊外住宅地においては、同時期に入居した居住者が一斉に高齢化し、地域コミュニティの停滞、買い物や公共交通の利便性低下などの課題が顕在化するとともに、若者・子育て世帯等の転入が進まず、住宅地としての持続可能性に懸念が生じています。
郊外住宅地は、高齢者から若者まですべての人々にとって、安心して暮らし、活躍できる空間として再生されることにより、現在の居住者が住み続けられるだけでなく、次の世代にも住み継がれる場となるはずです。
今回のコミュニケーション・プラザでは、様々な立場の方々とともに、戸建てを中
心とする郊外住宅地を、住み継がれる住宅地として再生するためのヒントを探ります。

1.司会挨拶 13:30~13:35

2.「住みこなせる町をつくる」 13:35~14:20
大月敏雄 東京大学大学院工学系研究科教授

3.「横浜市の郊外住宅地」 14:20~15:05
磐村信哉 横浜市都市整備局地域まちづくり課長

~~ 休憩 ~~

4.「大和ハウスの団地再生 ~ Livness Town Project ~」 15:25~16:05
脇濱直樹 大和ハウス工業株式会社大阪都市開発部次長

5.「まちづくり×愛着の実現に向けたエリア活性化の取組み」 16:05~16:50
石川 敦己 小田急不動産株式会社経営企画部グループリーダー

6.質疑応答 16:50~17:00

印刷用資料はこちら。