ログイン
一般財団法人住宅産業研修財団 JAHO Japan Housing Organization
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 大きく
MENU

イベント情報

第233回コミュニケーション・プラザ開催(平成31年3月5日(火))

第232回コミュニケーション・プラザ

日 時:平成31年3月5日(火)13:30~17:00
場 所:東京都千代田区富士見2-7-2 ステージビルディング7F
    一般財団法人ベターリビング会議室
企 画:経済産業省アドバイザリーグループ
司 会:経済産業省製造局 生活製品課長 杉浦宏美
主 催:一般財団法人住宅産業研修財団(JAHO)

「住宅業界における人材不足対策」

 我が国においては長期的な景気回復や団塊世代の退職等を背景に人材不足が顕在化しています。帝国データバンクの「景気見通しに対する企業の意識調査」によれば、2019年の景気への懸念材料は「消費税制」「人手不足」「原油・素材価格上昇」と続き、景気対策として「人手不足の解消」を求める声がトップに挙げられています。
 他方、住宅産業の将来の見通しに目を向けますと、新設住宅着工が縮小していくことはほぼ確実であり、リフォーム需要の取り込みが喫緊の課題となっています。多様化が進む消費者の様々なニーズに応えていくことが求められ、これにあたる人材にはより高度で多様な知識を身に着けることが求められます。また、新築一棟を請け負うよりも手間のかかるリフォームで収益を確保するために業務効率化にも徹底的な取組が必要です。
 優秀な人材をいかに確保し、効率的に運用するかが企業の存続、発展のための大きな関心事項になっています。今回のコミュニケーション・プラザでは、まず住宅産業における現状と将来展望について整理した上で、人材育成や業務改善の事例を紹介し、この状況を打破するために何ができるか考えていきたいと思います。

1.司会挨拶 13:30~13:35

2.「住宅産業の将来展望と人材不足対策について」 13:35~14:20
株式会社矢野経済研究所 グループマネージャー 主席研究員 菅原章氏

3.「リフォーム人材の質向上に向けた取組について」 14:20~15:05
一般社団法人日本住宅リフォーム産業協会 事務局長 相馬康男氏

~~ 休憩 ~~

4.「ライフスタイルリフォームの需要獲得に向けた人材育成」 15:25~16:05
一般財団法人輸入住宅産業協会 ライフスタイル委員長
スウェーデンハウス㈱特建グループ部長 岩下宏之氏

5.「IT利活用によるリフォーム営業の効率化と人材育成」 16:05~16:55
株式会社K-engine 執行役員 サービス推進本部 本部長 月岡雅之氏

6.質疑応答 16:55~17:00

印刷用資料はこちら。