ログイン
一般財団法人住宅産業研修財団 JAHO Japan Housing Organization
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 大きく
MENU

イベント情報

第225回コミュニケーション・プラザ開催(平成29年11月17日(金))

第224回コミュニケーション・プラザ

日 時:平成29年11月17日(金)13:30~17:00
場 所:一般財団法人住宅産業研修財団(℡ 03-3504-6601)
    東京都港区虎ノ門1-1-21新虎ノ門実業会館2F
企 画:国土交通省住宅局住宅生産課
司 会:国土交通省住宅局住宅生産課長 長谷川貴彦

「住まいと身体について」

 我が国の住宅ストックは、量的には一定の充足を終え、品質・性能の向上を図っていくことが急務となっている。住宅政策の基本目標を定める住生活基本計画においても、耐震、省エネ等に関する性能の向上が従来より施策の柱として位置づけられている。
 一方で、住まいは居住者が長い時間を過ごすスペースを提供し、心身の疲れを癒す場でもあるが、従来の住生活基本計画では、住まいと身体の健康等の関係に関連する記述は、室内空気環境に関するもの等に限られていた。
 こうした中で、昨年閣議決定された最新の住生活基本計画では、近年の住まいと身体に関する研究等の進展も踏まえ、「ヒートショック防止等の健康増進」等住まいと身体の関係に着目したアプローチが新たに盛り込まれた。
 今回のコミュニケーション・プラザでは、こうした住宅政策のトレンドも踏まえ、住環境と居住者の身体との関係について、様々な切り口から、最新の研究・取り組みの動向等について理解を深めるとともに、住まいが居住者の身体のために何ができるのかについて皆様とともに考えたい。

1.司会挨拶 13:30~13:35

2.「健康な暮らしと健康な住まい」 13:35~14:20
近畿大学建築学部長・近畿大学アンチエイジングセンター 教授 岩前篤氏

3.「循環器疾患とそのリスク:住環境・睡眠の重要性を含めて」 14:20~15:05
自治医科大学 内科学講座循環器内科学部門 主任教授 苅尾七臣氏

~~ 休憩 ~~

4.「女性の健康と住まい」 15:20~16:05
東邦大学看護学部家族生殖看護学研究室 教授 福島富士子氏

5.「睡眠のしくみを知って家づくりに活かす」 16:05~16:50
積水ハウス株式会社 総合住宅研究所 健康・UD研究開発グループ 課長 近藤雅之氏

6.質疑応答 16:50~17:00

印刷用資料はこちら。