ログイン
一般財団法人住宅産業研修財団 JAHO Japan Housing Organization
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 大きく
MENU

事務局NEWS

第203回コミュニケーション・プラザ開催(平成26年3月26日(水))

●第203回 コミュニケーション・プラザ





日時 平成26年3月26日(水) 13:30〜17:00
場所 一般財団法人 住宅産業研修財団 会議室
(TEL 03-3504-6601)
東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門実業会館2F
企画 経済産業省アドバイザリーグループ
司会 経済産業省製造産業局住宅産業窯業建材課長 三橋 敏宏

「日本の住宅にかかる伝統的な技術をみつめなおす」


 古来より連綿と受け継がれてきた伝統的建築・建具等技術は、我が国の気候風土と融合調和して発達を遂げてきた日本が世界に誇る技術の一つです。
 伝統的技術は、我々の祖先が何十代にも亘って改良を重ねてきた叡智の結晶でありますが、現代社会においては、近代以降の効率性や利便性が追求され、経済性や新しさが優先され、これら伝統的技術の維持、継承するためには多くの課題があります。
 今回のコミュニケーション・プラザでは、日本古来の伝統的建築・建具等技術を現在に継承されている方々から、これまでの伝統的技術の真髄、魅力そしてその継承にあたっての課題などについてご講演いただき、伝統的技術の重みを再認識し、あわせて意見交換を行いたいと思います。








1.司会挨拶 13:30~13:35
2.伝統木造建築技術について
  西澤 政男 氏
  特定非営利活動法人日本伝統建築技術保存会会長
13:35~14:20
3.伝統畳技術について
  藤本 正 氏
  株式会社嵯峨藤本畳店代表取締役
14:20~15:05
~ コーヒーブレーク ~ 15:05~15:25
4.伝統瓦技術について
  福原 幸蔵 氏
  近畿セラミックス株式会社代表取締役社長
15:25~16:10
5.伝統建具技術について
  横田 栄一 氏
  一般財団法人全国伝統建具技術保存会理事長
16:10~16:55
6.質疑応答 16:55~17:00

コミュニケーション・プラザ(CP)は、原則会員制となっておりますが、
会員以外の方でも1回 5,000円/名(レジメ・懇親会の費用を含む)で、ご参加いただけます。

(尚、会員以外の聴講は原則一回限りとさせていただきます。)

●開催記録一覧

過去のテーマはこちらをご覧ください。